鑑賞記

洗濯した時に使うのは乾燥機

いぬやしき

10/8鑑賞。原作は漫画。1巻のみ読んだことあるので、映画の序盤だけは知ってる。

原作をほんのちょっと知っているというのもあるけど、主演が木梨憲武というのが気になって借りてみた。

漫画の実写化というと、世間一般的にはあまり良い印象を持たれないことが多いけれども、本作は結構良かった。

日本映画でもあそこまでのアクションシーンを撮れることに少なからずビックリした。フジテレビがバックについてるから、お金がそれなりにあったと言われればそれまでだけど。

木梨憲武の演技も良かった。弱々しい主人公の犬屋敷だけど、アクションシーンでもその雰囲気をきちんと醸し出していた感じ。

ただ、やはりというか、原作を読んだ事がある人前提…としてはいないはずだけど、どうにも説明が足りていないのでは、というような場面も少なからずあったように思う。獅子神がどうしてああいうふうになってしまった、とか。

まぁでも、全体を通しては良い作品だった。